あなたのお子さんは、学習障害ではないかもしれません!

あなたのお子さんは、学習障害ではないかもしれません!

江戸川区平井で個別学習塾E-kidsを開いている

熱血塾長の荒川茂樹です

 

小学生の宿題につきものなのが

漢字

計算

音読

宿題の三種の神器のようなものですね
私の塾の生徒や小学生の息子は

よく学校から宿題で出されてやっています
ある子は、「めんどい」と言いながら・・・

またある子は、ぶつぶつ文句を言いながら・・・

 
今では、子供たちのそんな姿を見ている私ですが、

教員時代には、よく出していました

でも、教員をやめて

我が子の学力を最大限に伸ばす母塾プロジェクトを提唱している今、

そして、子どもをやる気にさせるプロ塾長として活動している今、

これらの宿題に関して

本当に必要なのかなって思っています

 
〇漢字について思うこと

ただの機械作業になっています

覚えること、使えるようになって欲しいと先生は思っているけれど

子どもにはその思いは伝わっていません

家でも言われているかもしれませんね!

「もっと丁寧に書きなさい」

「なんでこんな字もかけないの?」

な〜んてね(^^♪

 

ただの作業をこなしているのだったら

書けなくても仕方ないと思いませんか?

本当に覚えて欲しい使えるようになって欲しいのだったら

そこに意識をもっていけるような工夫が重要ですね!
また、漢字に興味を持てるような

○○に目を向ける

漢字を使って文を楽しく作る

なんてことが重要ですね!
今、巷で話題の「うんこ漢字ドリル」なんて使ったら

男子が食いつくこと間違いなし!

低学年だったら、女子も間違いなく食いつきますね!

 

しかし、興味を持たせる前に

「練習せよ!」なんていっている学校

果たしてそんな工夫をする余裕なんて

学校教育にはないでしょうねぇ・・・

 

◆計算について思うこと

これも漢字と同じく、ある意味作業です

20題もある計算ドリルを子どもたちは、大変面倒くさがっています

「えーー、またこれ宿題?」

ってな具合にね!
先生の思いは、たくさんやってしっかり基礎を習得させたい!

でも、子どもにはそんな思いは伝わっちゃいません

だって、先生の思いを子供に伝えていないし、

子供に理解させようともしていないからです

だから、苦痛の作業でしかないってことですね!!

 

これでは、子供の力を高められる訳がない!!

 
☆音読について思うこと
さて、小学校ならではの宿題の音読

ここには、大いなる悪魔が潜んでいるんです

子供を勉強から引き下がらせる悪魔が!!

 

その悪魔とは・・・

 

 

 

 

言葉

ことば

コトバ

 

 

3回も書きましたが、

それほど「言葉」って重要な意味をもっているんです

私の塾で、よく寝る子がいます

一般の塾や学校だったら

「何寝てるんだ~!!」

「たるんでる!」

「顔洗って来い!」

ってな感じでしょうが、

実はここには、言葉の大いなる悪魔が関係しているんです

その子に、わからない言葉を調べさせたり

ある活動をさせたりしたら

あーーーーら不思議

その後は寝ることなく、いい表情で勉強し続けました

 
その子は、「昨日寝るのが遅かったから」と言っていたけれど

私の目はだまされません!!

 
いくらスラスラと読めていても

それが、意味を理解していると思ってはいけません

読むのは、とっても上手なのに

意味を聞いたら・・・・????????

 

意味をしっかり言えない言葉

意味が不確かな言葉

意味の全くわからない言葉

こういう言葉があるんです

 

もしかしたら、小学校1年生にもあるかもしれません

もしかしたら、お子さんが普段使っている言葉の中にもあるかもしれません

なにせ情報社会ですからね!!

 

よく考えて欲しいんです

こんな下の学年から、わからない言葉が入り込み

それをそのままの状態にしている教育の仕方の弊害を!!

このままにしておいたら、学年が上がるに従って

わからない言葉が確実に増えていきます

 

そうなると、どういう状況になるか知っていますか?

 

その勉強が嫌いになります

 

勉強から引き下がります

 

最悪、その場から逃げます!

 

つまり、学校に行かなくなる可能性

 

不登校になってしまうことだってあるかもしれないってことです

 

引きこもりになってしまうことだってあるかもしれません

 

学習障害だって疑われてしまうことだってあるかもしれないのです

 

あなたは、これでいいと思いますか?

 

 

こういうことを分かっている人は、ほとんどいません

これに対する学び、対応策を知っている人もごくわずかです

 

私はどうか!!

 

もちろん、こういうことについて学んできています

なんとアメリカで生まれたこの学びをです!!

だから、対応策もきちんと分かっています

そして、その手法を使って、

今の塾でも子供たちに指導したり

親御さんにもこれについて講座で学んでいただいたりもしているんです

http://ekidskobetsu.wixsite.com/hahaoyaryoku

 

 

子供に指導することも大事ですが

親御さんに知っていただくことの方が、

もっと価値あることだと感じているからです

だって、目の前のお子さんが

どんな状況なのか一目瞭然

そして、子どもの「わからない」に寄り添えますからね!

今、学習障害という言葉が大きくはやっています

 
しかし、一昔前は、こんな言葉さえありませんでした

今になってなぜ・・・

学習障害は、

もしかしたら勉強の仕方を

知らないだけかもしれません

 

もし、そうだとしたら

確実に対応策はあります
そして、この対応策で改善した事例もたくさん知っています
あなたのお子さんが、学習障害というレッテルを貼られてしまっていたら

あなたのお子さんを学習障害と思ってしまっていたら

まずは、お気軽にご相談ください

 

相談だけならば、無料で対応させていただいています

ただ今、30分無料スカイプ相談を行っています

https://ssl.form-mailer.jp/fms/1e65a82e425013
この学び方は、本物です
そして、あなたのお子さんを

真に勉強に向けさせることが私にはできます!!

あなたのお子さんは、決して頭が悪いわけではありません
まずは、ご相談ください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/1e65a82e425013

 

また、この学び方について興味をもたれたならば

あなたの意識は、かなり高い!!

たかが言葉ですが、されど言葉なのです

 

ご興味あるかたは、

私に直接メッセージをくださいね

お問い合わせ

 

私の塾で、この技術についてのレクチャーを

近々開催します

 

お子様の勉強は、あなた次第でどうにでも変われます

まずは一歩ではなく、二歩踏み出しましょう

学校がお子様を変えるのではなく、

あなたがお子様を変えるんです

そのほうが喜びも大きいですよね?

 

意識の高いお母さんからのメッセージ

お子様をなんとかしたいと思っているお母さんからのメッセージ

どうしたらよいかわからないとお悩みのお母さんからのメッセージ

お待ちしています!!

お問い合わせ

ちょっとした学びのコツや子育てのコツを学べる

無料メール講座をご用意しています!

登録も解除ももちろん無料!

地頭を鍛えて、

子どものやる気を3倍アップさせる母塾プロジェクト

登録はこちらから!!

 

 

セミナー   お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。