あなたのお子さんは、勉強を楽しめていますか?

あなたのお子さんは、勉強を楽しめていますか?

江戸川区平井で

「笑顔と静寂に包まれた」個別学習塾E-kids

を開いている

子どものやる気を大きく引き出す塾長

荒川茂樹です

『勉強って楽しい!!』

 

心からそうやって言う小学生や中学生ってどのくらいいると思いますか?

 

 

あるところのアンケート調査によると

小学校4年生から学年があがるにつれて

どんどん「好き」な子どもが減ってきているのがわかりますね!
アンケート

 

昨年、都内のある中学校で指導する機会があったのですが

残念ながら、「好き」「楽しい」なんて

ただの一人もお目にかかったことはありません
逆によく出てくる言葉が

 

「面倒くさい」

「わかんない」

「できない」

「やりたくない」

 

たまにカチンとすることも正直あるんですけど

こんな状態になるまで

この子達も苦しんできたんだよなぁ〜

 

今までの教員人生の中で

「早く勉強やろうよ」

「もっとやりたい」

そういった学年は、小学校の1〜3年生くらいまででしたね
その後は、どんどん「楽しくないロード」をひたすら進む子が

実にたくさんいることか……

いったいなぜこういうことが起きてしまうのだと思いますか?

①ひたすら暗記する勉強が多い

②つまらないと感じる勉強もしなくてはならない

③テストの優劣で人間の価値をも決められてしまう

④教師や大人から「やれやれ」言われ続ける

⑤なんのために勉強するのかの理由が明確でない

⑥テストのためだけの勉強にうんざりしている

⑦学ぶことの楽しさを示してくれる大人がいない

 

短時間で考えても、これだけの理由が出てきます

でも、もしこれと逆のことが起きたとしたら

勉強大好き、勉強楽しいっていう子どもになると思いませんか?

①楽しみながら知識を得られる

②楽しみながら勉強ができる

③人間の価値は、人の役に立つことであると教えられる

④興味や自信を持って、自分から勉強する

⑤勉強する理由が明確である

⑥自分自身を向上させるため、世の中の役に立つために勉強がある

⑦親や周りにいる大人が、学ぶことの楽しさを示してくれる

こういう状態に子どもが自然になってくれたら

親として大声で万歳しちゃいそうですね!

でも、残念ながら自然には育ちません

子どもは、周りのさまざまなものに影響されまくりなんですから・・・

特に小さな時期に

『勉強って楽しい!!』

そういう子どもに育ったら

あとの子育てがずいぶん楽になると思いませんか?
ただ、ガミガミ言うだけ

不安がるだけ

そして最後には、塾頼み!!

【自分で飯を食える大人に育てる】

つまり

精神的自立と

経済的自立

これこそが子育ての究極の目的です

そのためには、小さな頃から学ぶことに意欲のある子どもにすることが

とっても大切なんです
社会よりも学校

学校よりも家庭
勉強の楽しさを親の手で、親の工夫で感じさせることができます
子どもが生き生きしている姿を

親の力で作り上げることができるんです
これが私の提唱する
【我が子の学力を最大限に伸ばす母塾プロジェクト】です
具体的には、取り組むべきは6項目!!
次回から、少しずつおいしいエキスをお話ししていきますね\(^o^)/

 

ちょっとした学びのコツや子育てのコツを学べる

無料メール講座をご用意しています!

登録も解除ももちろん無料!

地頭を鍛えて、

子どものやる気を3倍アップさせる母塾プロジェクト

登録はこちらから!!

 

 

セミナー   お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。